樫本利明(かしもととしあき)のオフィシャルサイトです。 

ホームプロフィール政策活動報告議会報告後援会お問い合わせ
ホーム > 活動報告 > 2012年7月の活動報告


2012年7月の活動報告


6日 講演会「震災がれき広域処理の真実」出席(社会福祉総合センター5Fにて)
(奈良こどもの未来をまもる会の主催ですが、がれきを焼却処理すること自体が良くないと講演している様に思った。質疑応答で出席者より地元の橿原市議員としての意見を求められたので、橿原市議会はがれき受け入れの決議をしたが、地元(川西町)と大阪湾フェニックス組合の残灰処理場の同意が大前提と説明する。)







議会改革特別委員会
(大保委員長は今年中に地区報告会を考えているという思いに賛成です。議員も勉強が必要と思う。)

11日 中和幹線道路を活用したまちづくりシンポジウム 出席 (橿原文化会館にて)
〔講師:岩崎義一氏(大阪工業大学教授)、藤井聡氏(京都大学大学院教授)、森野美徳(都市ジャーナリスト)、参加者:荒井正吾奈良県知事、吉田誠克大和高田市長、森下豊橿原市長、松井正剛桜井市長、吉田弘明香芝市長、平岡仁広陵町長〕
(中和幹線道路の全面開通により国道並みの車両通行量になると思う、やはり道路は平面交差が基本と思う。)







12日 畝傍中学校区 地区懇談会 参加 (菖蒲町第1自治会館)
(滋賀県大津でいじめによる自殺が問題になっているが、本日の学校の説明を聞いて畝傍中学校は今のところ大きな問題はないと思った。二十数年前、私の子供が中学生の頃は大津の中学校とは別の意味で荒れていたと思います。問題が起きれば皆さん責任を回避することで、子供に対する影響が大きいと思います。)



14日 八木札の辻交流館 開館式
(平成22年に橿原市指定文化財として土地を購入し、建物は所有者より寄贈を受け、今回整備を行い一般公開、並びに今後一般に使用していただくべく改修を行い、完成の運びとなった次第です。)







15日 モラロジー研修会 参加 (橿原講堂にて)

17日 川上村村長選 出陣式
(大谷一二前村長が88歳のご高齢で引退をし、後任を栗山忠昭氏に譲る出陣式でした。私の目標の大谷村長お疲れさまでした。)





19日 くちなし保育園、幼稚園 七夕祭 出席
(毎年七夕祭りに出席させてもらいます。4月の入園以来最初の行事ですが、最近の園児たちはテレビの影響か、それとも先生方の教えが上手なのか、上達が早いと思います。すくすく成長してほしいと思います。)







20日 今井町まちなみ整備事務所
(飛鳥川沿公園の管理について、桜井土木事務所へ川底の遊歩道について要望した際、公園を市に管理委託する管理協定を結ぶ話が出たので、協定の締結時川底の管理をどうするか、市としてはっきり意志表示をしてもらう為。)

23日 畝傍東幼稚園 訪問
(保護者より、小学校給食後の歯磨きについて要望があり、幼稚園はどうされているか園長に聞く。幼稚園は取り組んでいるとのこと。)

24日 畝傍東小学校 訪問
(畝傍東幼稚園と同様に、小学校は給食後の歯磨きを取り組んでいるのか、将来的に取り組めるのかを校長先生に聞く。保護者から正式に要望があれば取り組んでも良いが、現状では水道栓が少ないため、物理的に無理とのこと。)

30日 講演会「議会基本条例の制定と議会改革」参加(サムテイファイム新大阪9F)
〔講師:三重県議会議員 前議長 三谷哲央〕
(三重県議会の改革をまとめ上げたとして全国的に名前が知られている人物の講演だけあって、話が生々しい中身でした。橿原市も議会改革を進行中で、大変参考になりました。)







31日 講演会「議員報酬の考え方と水準の在り方」参加(サムテイファイム新大阪9F)
〔講師:三重県議会議員 前議長 三谷哲央〕
(この件については、私自身現在進めている議会改革をまとめ上げ、その通り実現できれば現在の非常勤から常勤に近い程勉強が必要になるため、会津若松市の算定根拠を参考として考えている部分と多少相違があるので、参考程度にと思った。)

 

前のページへ戻る

ホーム  お問い合わせ  サイトマップ

 Copyright(c) Kashimoto Toshiaki All Rights Reserved.