樫本利明(かしもととしあき)のオフィシャルサイトです。 

ホームプロフィール政策活動報告議会報告後援会お問い合わせ
ホーム > 活動報告 > 2014年7月の活動報告


2014年7月の活動報告


10日 畝傍中学校地区別懇談会(菖蒲町第1自治会館にて) 出席
(夏休み前の学校と地域の方々の意見交換の場ですが、いつも一方的に先生の説明に終始していますが、今回の話の中で中学1年生から登校拒否があることを聞き、その様な子供の指導が大切であると共に、子供の頃から人間関係に悩むのかと、心配になりました。)





14日 厚生常任委員会研修(広島県尾道市) 参加
(従来の医療は掛かり付け医師により診察してもらい、専門の病院へ紹介されるパターンでした。しかし、最近の医療は専門化又高度化したため、病気の治療は行うがケアができていないため、寝たきりになる率が高かった。これを予防の面から指導診察して、リハビリを行い、最後にケアまで行う「みつぎ総合病院」を立ち上げて現在の施設に発展させた、まさに地域医療に一生をささげた山口院長直々に説明をしていただき、地域包括ケアシステムの理解が深まった研修で大変有意義でした。)







15日 厚生常任委員会研修(岡山県総社市) 参加
(障害者を持ったことのない方は言葉で解っていても実態がピンとこないのがこのことだと思う。子供に障害がある場合、親としてどのような気持ちで先立つのか、やはり社会へ出て自立できるように最低限見ておきたい、それが親の願いと思う。その問題に真正面より取組み、条例化、しかも人口7万人余りの市が1000人を雇用する作戦を立て、実行している。すごいの一言に尽きました。)







17日 くちなし保育園・くちなし幼稚園 七夕祭 出席
(毎年七夕祭に出席させてもらっていますが、4月に入園された園児達が元気に演技をしている姿をみていますと、私も元気をもらって帰宅します。わずか3カ月余りで、入園式当日より見違える成長です。)







19日 平成26年度日本会議奈良県本部女性の会総会 出席
(奈良新聞の記事に安曽田元市長が会長を勤める日本会議奈良県本部が「集団的自衛権と憲法改正について」の見出しで出席をしました。多分自民党系の団体と思い憲法改正についてどこまで許容するのか聞きたく出席しましたが午後1時30分から3時の予定となっていましたが、女性の会の総会がメインで3時になっても総会が終わりませんので途中退席しました。)





夜間 田原本町ぎおん祭り 見学
(橿原市の愛宕祭も縮小され、夢まつりも中止となり、私達の子供の世代は団地より浴衣姿で八木まで行き、大変賑わっていました。現在では晩成小学校周辺で行われているものですから、昔の賑わいはなくなってしまい寂しく思っています。田原本町のぎおん祭りは聞いていましたが、初めて出掛けました。大変な賑わいで、特に子供たちの浴衣姿が多く、駅前から特設ステージの会場まで人、人で歩行に困難をしながら、ステージで漫才を観ました。あまりの熱気でカメラを持参しましたが、撮影を忘れていました。)


24日 奈良県地域医療ビジョン策定戦略会議公開シンポジウム(奈良ロイヤルホテルにて) 出席
(奈良県は吉野病院、大淀病院を廃院し、近鉄南大阪線福神駅近くで南和救急病院を新設し、南部の第3次医療の拠点とする情報は新聞等で知りましたが、実情はどうか県のトップである荒井知事の考えはと思って出席しました。本日の知事講演で理解することができました。)





 

前のページへ戻る

ホーム  お問い合わせ  サイトマップ

 Copyright(c) Kashimoto Toshiaki All Rights Reserved.