樫本利明(かしもととしあき)のオフィシャルサイトです。 

ホームプロフィール政策活動報告議会報告後援会お問い合わせ
ホーム > 活動報告 > 2015年1月の活動報告


2015年1月の活動報告


1日 実践倫理宏正会 元朝式 出席
(当日は出席者の駐車場整理を担当。寒さが厳しいので途中から車に乗り、暖をとりました。私達の年齢になりますと神さん参り以外に元旦の式典がありませんので、年初めの区切りがつきにくく、この祭典に出席することにより新年の気分になります。)

午後は新年挨拶名刺をポスティング

2日 東京箱根間駅伝競走をテレビ観戦
(箱根駅伝をテレビで観戦。もともと昭和25年NHKラジオ放送よりの箱根駅伝ファンで、65年前より聞いています。正月はテレビを観戦に夢中で、他のことは出来ません。)

午後は新年挨拶名刺をポスティング

3日 東京箱根間駅伝競走をテレビ観戦

橿原市内有力者宅にて新年会 出席

夜間は新年挨拶名刺をポスティング

4日 モラロジー新年会 出席

くちなし幼稚園前理事長 告別式 出席

夜間は新年挨拶名刺をポスティング

5日 設計事務所(会社) 初出勤

夜間は新年挨拶名刺をポスティング

6日 中和広域消防 出初式 出席
(今年は雨天のため、大和高田「さざんかホール」にて実施。車輌演習隊列行進、放水訓練は一切無しの出初式でした。)





夜間は新年挨拶名刺をポスティング

7日 新年挨拶名刺をポスティング

8日 経済倶楽部 新年会 出席
(昨年はアベノミクスの影響が中小企業まで浸透していませんでしたが、今年は期待感がいっぱいの新年会でした。出席者も多かったように思います。このまま明るい年になってほしいと願います。)





9日 見瀬町恵比寿祭典 出席
(毎年の行事でもあり、隣の地域でもあり、健康を祈念してきました。)





10日 生駒市長市政報告会 参加
(毎年、市政報告会に一後援会会員として参加しています。市民病院、高山第2工区駅前ビルの建設等で問題はあると思いますが、日本経済新聞等の住みよいランキングに登場するような街づくりを意識して進めてきたのか、また、マニフェストを一つ一つ確実に実現した結果か、そのへんを報告の中で聞き取りました。後者の方でした。橿原市も以前のようにランキングに登場するような街づくりをしたい。私は観光よりも教育に軸足を移す方が、人口増加に結びつくように思います。)





11日 今井町街なみ整備の一環として、伝統的な町家の改修 見学
(Y邸が現状を大改修するため、敷地、建物、配置を現状のまま知恵と創意で改修を行った結果、予想以上な出来栄えだったので披露見学会を開催することになり、私も職業上の興味もあり、行ってまいりました。確かに昔の今井町の町家ぐらしのままの大改修を、現在の機能と生活スタイルにマッチして立派に出来ていました。ちなみに金額を聞き、やはり費用が掛かることも改めて思いました。)







12日 橿原市成人式 出席
(何年か前の成人式は騒がしく、来賓者、主催者の挨拶も聞こえませんでしたが、最近は静粛な式典となり、当日は天候にも恵まれ最高の式典でした。この良き日に橿原市の将来を担ってくれる人材が出てきてほしい。)







16日 ミサワホーム・MRDフォーラム 出席
(毎年、竹中社長が出席され住宅産業界の今年度の業態を講演されますので、今年1年間の住宅産業の成長を聞き、人口が都市よりどのように移動しているか参考にしています。尚、竹中社長は小泉内閣時に大臣をされていた竹中平蔵氏の実兄だそうです。)

18日 菖蒲町四地区「とんど」行事 出席
(お正月の飾り物等を焼却処分し、正月気分から日常活動へと切りかえることとなります。菖蒲町は幸い適当な場所もあります。マンション住まいの方々等はどの様にされているのか、ゴミとして処分されている方もいるかもわかりません。そのような処分の仕方はいかがかと思います。社会生活の変化に伝統行事も変化して行く姿も寂しく思う年齢となりました。)





20日 厚生常任委員会 出席
(高取町よりし尿、浄化槽汚泥の処理を引き続き今後3年間引き受けてほしいとの依頼があり、理事者は了解し、すでに地元の了解を取りつけているとのこと。地元の了解を得ている件を議会が反対する理由もありません。し尿処理の件は好川市長、森市長の時代に設置場所、地域で大反対を受けて断念した経緯がありますので、覚書通り最初は1年次に3年、その次に3年となし崩しに永年に引き受けるのではなく、この際覚書の見直しを行う様にすべきである。)

全体協議会 出席
(午前中の厚生常任委員会で議論されたことを全員に協議を行う。)

25日 モラロジー研修会 参加
(佐藤薬品工業且ミ長のお話を聞きました。会長が一代で会社を築かれたと聞きまして、現在では奈良県内で有力な企業に育てられたことは大変な辛苦と努力に敬意を表しました。)

30日 地域包括ケア特別講座(新大阪丸ビル別館) 出席
(橿原市は地域活動支援センターとして、障害福祉課内で設置されていて、実態として機能していないと思っていた今回のセミナーでは今年4月から医療と福祉をセットとして国が行政を行うため、橿原市も一部機構改革を行い対応せねばならないと思う。社会保障費の増大が若年層の負担となっているので抑制しないと、若い人達の負担が大きくなると勤労意欲の問題にも波及する。私もこの問題に取り組む必要を感じたセミナーでした。)





 

前のページへ戻る

ホーム  お問い合わせ  サイトマップ

 Copyright(c) Kashimoto Toshiaki All Rights Reserved.