樫本利明(かしもととしあき)のオフィシャルサイトです。 

ホームプロフィール政策活動報告議会報告後援会お問い合わせ
ホーム > 活動報告 > 2017年7月の活動報告


2017年7月の活動報告


1日 自民党橿原支部総会 出席
(久し振りに自民党支部総会に出席しました。また、総会進行の議長役も務めさせていただきました。総会後の懇親会では大変良い雰囲気で、出席の方々も最近になく良いと話しておられました。やはり若い新人の市議会議員の誕生も相乗効果かと思います。新人の方も上を目指して切磋琢磨して頑張ってほしい。)





6日 市役所本庁舎建て替えに関して担当職員と話し合い
(自民党派長として他党との意見交換を行いながら意見をまとめ、特別委員会の質問を経て賛否を決めたいと思う。)

畝傍中学校地区別懇談会 出席
(毎年夏休み前に、校長以下担任の先生方を交えて意見交換を行い、また学校の様子をビデオで放映し交流を行う場です。今回は他の会合で亀田県議同席となり、一緒に懇談会に出席しました。道路の件で要望を受けましたので、2人で協議して今後解決を行いたい。)



7日 市役所本庁舎建て替えに関して今後のスケジュールの調整
(議長と自民橿原の代表として公明党代表者と3人で協議を行う。)

10日 八木駅周辺整備特別委員会
(3月議会で予算執行の保留を行った事案の件で、本庁舎建替えによる調査料は私達会派の意見もありますが、起債の90%を認めてもらうには平成22年度中に完成しないとダメになるため、スケジュールを逆算すると調査料名目の基本計画が無駄な行為となる、と市長部局が少々焦っている様子である。問題はあるとしても一先ず前進させるため了承しました。)

11日 人権を考えるつどい(万葉ホールにて) 参加
(テレビで時々高岡氏を拝見します。辛口発言で世の中の動きを的確に捉えている会話を一度聞きたく思っており、内容よりも人柄を知りたく思い参加しました。想像通りで、関西の放送業界の人間は親しみを感じます。また最後に小、中学生の作文発表がありネット社会が確実に小、中学生の心を蝕んでいるのではないかと思います。子供たちが大人になった時、社会がどの様に変化しているのかと思いました。)



13日 橿原市の明日を考える会 参加
(3月議会で本庁舎建替えに関する調査料1200万円が執行保留となっていた事案が、平成32年度に完成しなければ起債の発行が認められないためスケジュール的に逆算すれば基本計画を早々に発注しなければ間に合わないため賛成をした件で、いろいろな意見がでましたが現在までの経過を考えますと調査料を了承し、前へ進めるのが一つの方法と思うことを報告しました。)

14日 くちなし保育園、幼稚園 七夕祭 出席
(毎年七夕祭に出席をさせていただき思いますことは、4月に入園され、一度は泣いて登園を拒否し、また友達とケンカをしケガをさせられ、またケガを負わせるなどの問題があっても、七夕祭には元気に演技を行う姿を見ていますと私自身も元気を貰って帰りました。)





16日 ミサワファクトリー岡山(テーマパーク&最新工場)見学ツアー 参加
(住宅メーカーは、半世紀前はプレハブ住宅で既製品のパネルを組立てるイメージでしたが、現在メーカーが行っているのは施主の注文を図面化して、一軒一軒タイプの違いはあっても工場生産化で、現場では組立てるのみ。今後半世紀後はどの様な住宅となっていることか。)







19日 畝傍東校区人権推進協議会 地区別懇談会 出席
(教育委員会人権教育指導員 山本信彦先生の話は親しみやすくおもしろい。人権教育と云えば難しく分かりにくいが相場ですが、具体的に例を挙げ、人を引きつける話術は人権問題を取り組みやすく、日常生活までレベルを下げていると思う。非常に良かった。)



27日 支持者宅訪問
(約30年前市議会議員に挑戦時、精神的にお世話になった方が最近仕事も辞め家にこもっているとの話を聞き、見舞いを兼ね訪問しました。思ったより元気で、最近の橿原市政はついて語り合いました。)

29日 田野瀬良太郎氏旭日重光章受賞を祝う会 出席
(奈良県人として今現在最高の章を受けられ、祝賀会で大勢の出席者で賑わいました。私もその一人として出席し祝いました。)







30日 地産地消により稲の生育に伴う鑑賞会 参加
(近隣の若い主婦の方より連絡を頂き、内容も分からず参加をしました。若いファミリーが何組か参加され、水田で育った稲に集まる昆虫を観察し、最後にお餅(さなぶり)つきを行い食するそうです。お餅つきまでは残れませんでした。昼過ぎにお餅を届けて頂きましたので、砂糖を添えていただきました。大変おいしかったです。ありがとうございました。)





 

前のページへ戻る

ホーム  お問い合わせ  サイトマップ

 Copyright(c) Kashimoto Toshiaki All Rights Reserved.