樫本利明(かしもととしあき)のオフィシャルサイトです。 

ホームプロフィール政策活動報告議会報告後援会お問い合わせ
ホーム > 活動報告 > 2017年8月の活動報告


2017年8月の活動報告


3日 第16回地方議会議員研修会(エルおおさか) 参加
(人口減少に伴い地方都市の在り方についての研修会で、京都大学大学院 岡田知弘教授の講演を聴くと、必ずしも合併をしなくてもコンパクトシティとして高齢化社会は充分対応でき、皆でできる事からやれる社会を作ることができる。私もそのような社会は可能と思う研修でした。)





橿原園 夏祭り 参加
(今年も参加出来ました。毎年参加して思うことは、入居者の方々も年齢を重ねていることは確かであるが、老いを感じさせない大森理事長が云うように、施設に入居して日常の健康管理と食生活をきちんとすれば極めて元気な老後を送ることができると思う。)





4日 文教常任委員会(橿原市昆虫館) 出席
(公金が不正支出されたことに端を発して、委員会としても平成21年から平成24年の間について調査しているが、市の監査も済み私達素人では書類も整っているため不正部分を発見できません。疑わしき部分を指摘する程度で所定の調査は終わりました。今後は警察への告発と市長部局の調査委員会の結果を照合して正式発表になるかと思います。)

8日 総務省自治財政局地方債課へ研修
地方債課長 長谷川淳二氏、理事官 尾崎祐子氏、係長 西林幸泰氏、係長 赤間博貴氏、事務官 田中達仁氏、事務官 小貫正人氏
(本庁舎建設に伴い緊急保全事業の交付金及び起債対策等に関して、認められる事項について、橿原市からの説明では市民の皆さんに説明が不充分であるため、総務省で直接担当者の話を聞き、本庁舎建設に自民党会派として対応しようという趣旨です。参加者は樫本、佐藤、成谷、大北、原山、奥田寛 各議員でした。)

10日 分庁舎に関する意見交換会(すみれホール) 参加
(八木駅前に商店会と振興会の2つの組織が存在することを今回初めて知りました。駅前ホテルの建設が進行中であるにも関わらず恥ずかしい話です。市長は当然建設に関して地元と話し合いで合意の上、市長選に臨んだと思っていましたが、話の内容が違うということでした。私も当初予算に賛成しましたが、結果はあまりにも市民に負担が大き過ぎると思い、考え直し、市長選の結果で再検討する必要があると思い反市長派を支持しました。結果は建設することとなりました。この事に関しては地元の方々の対応を見守っていきたい。)

14日
15日
京都出町柳にて民泊
(東京在住の娘と孫2人、大阪在住の娘と孫3人と私達夫婦の計9人で京都市内の一戸建ての民泊で一泊しました。最近明日香方面で民泊があると聞いていますが、内容が分かりませんでしたが、実際利用してみると案外快適で橿原市も、今井町以外でも普及させることで観光業に一石を投じると思う。)

20日 菖蒲町地蔵尊祭り 参加
(菖蒲町四地区協議会も色々な行事に取り組んでいましたが高齢化の影響でだんだん行事が縮小されてきました。地蔵祭と並行して孫世代が喜ぶ金魚すくいが行われ、準備が大変ですが熱心に励行されていました。暑い盛りの行事で役員の方々には頭が下がります。)







22日 八木駅周辺整備事業特別委員会 出席
(駅前ホテル及び分庁舎の営業が来年2月の為、1階の総合窓口業務の運営についてが議題です。ワンストップ業務で議員それぞれ感心を持っているためか色々な角度から質問がされました。今は図面の上での話ですが、実際の運営業務が開始されると、もっと問題が発生すると思う。)

自民党橿原支部幹事会 出席
(新規党員の獲得及び今後の行事が議題ですが、各市議がそれぞれ近況を報告する事も併せて行われ、以前の支部の幹事会と異なり若い人が増え活気が出てきました。)

23日 愛宕祭 出席
(私の子供世代はJR畝傍駅を中心に札の辻通り、そして夢まつり会場として県文化会館前広場と大変賑やかで子供たちは浴衣を着て電車に乗り賑わいに参加していましたが、安曽田市政時に暴走族の件があり中止となりました。以降は晩成小学校の校庭に移って挙行されています。7、8年前に参加して以来久し振りに参加しました。夏休み中でもあり子供たちで賑やかな祭りでした。)





30日 奈良県市議会議長会議員研修会 出席
(講師の岡本公勝氏は明日香村出身で自治省の上級職で在職されていると以前より耳にしておりましたが、東北の震災により復興庁の事務次官に就任された事は新聞で知りました。実際に肉声を聞くのは初めてでしたが、大変分かりやすく良かったです。)




 

前のページへ戻る

ホーム  お問い合わせ  サイトマップ

 Copyright(c) Kashimoto Toshiaki All Rights Reserved.